顔のシミの消し方には何があるの?美容治療もアリ

知らない間に顔にできてしまったシミを、何とかしたいと思いますよね。紫外線の多い夏を乗り切り、落ち着いてきた頃こそ注意が必要です。できてしまったシミを消すためには、どのようにすればよいのでしょうか?私もそろそろ気になる年齢なので、効果的なシミの消し方を調べてみました!

セルフケアで顔シミを消す

まずは自分でケアをしてシミを消す方法はないでしょうか。簡単なのは紫外線カット効果の期待できる、ファンデーションを塗る方法です。見た目シミがすぐに隠れますし、紫外線をカットして今後のシミも予防ができます。

ファンデーションにはリキッドタイプのものと、パウダータイプのものがあります。紫外線カット効果を期待するなら、パウダータイプがおすすめですね。リキッドタイプでもある程度はカバーできますが、お肌のバリア効果で考えると断然パウダータイプです。

最近では、メンズ向けのファンデーションも登場しています。営業で外出の多いサラリーマンなどに人気で、汗に強く自然なカバーがウリのようですよ。簡単お手軽なファンデーションですが、やはりごまかしに過ぎません。根本的なシミの解消に使える方法はないでしょうか。

お肌のターンオーバーを正常な状態に戻し、シミを薄くできると期待される医薬品も売られています。飲み薬で体の内側から効果を発揮するため、継続すればある程度の効果は期待できるでしょう。またシミに効果のある成分として、ハイドロキノンというものを聞いたことがないでしょうか。

ハイドロキノンは、色素を分解して漂白するという化学物質です。処方箋がなくても薬局やデパートなどで、ハイドロキノン配合の化粧品を購入できます。化粧品に配合されている濃度が高くなればなるほど、漂白効果は高いと言われています。成分が濃ければ濃いほど肌荒れなどの別の問題が生じる場合もあるため、使う際には注意しましょう。

海外製品は危ない

インターネットから個人輸入という方法も最近よく目にします。何らかのトラブルが発生した場合はすべて自己責任となりますので、利用は控えたほうが無難ですね。シミを消すために利用したにもかかわらず、肌が荒れて色素沈着でもしたら元も子もありません。

顔のシミを消す方法!しみ取りならコレ

自分でケアしていくためには時間と根気が必要ですし、感じられる効果にも限界があるでしょう。シミ対策において即効性のある方法はないでしょうか。それは、専門のスキンクリニックで治療をしてもらうことです。

クリニックで治療を受ける

費用は保険適用外で1回数千円から数万円と費用はかさみますが、レーザー治療を行えばすぐに解消できます。レーザーをシミそのものに照射して、シミを焼失させるのです。レーザー照射で焼失って怖いとか、熱くて痛いのではと心配ですよね。実際はゴムでパチッとはじかれた感覚くらいで済むようですので、安心してください。

レーザー照射の後はシミの跡にカサブタが残るため、しばらく安静にする必要があります。施術後の患部に紫外線が当たると、炎症がひどくなる恐れがあるからです。気になるシミを全箇所一気に治療するのではなく、数か所からお試しをしたほうがよいかもしれません。長期のお休みなどを利用して行うのが良いでしょう。

加齢に伴ってどんどん気になってくるシミですが、自分である程度ケアが可能です。ますファンデーションでカバーしながら、将来のシミを予防しましょう。日常ではハイドロキノン配合の化粧品を使って、シミを薄くさせることができます。

それでも満足した結果が得られない場合や即効性を求める場合は、スキンクリニックに相談してみましょう。私も最近シミが目立ち始めたため、対策をしないといけないなぁと思う今日この頃です。自分に合ったケアを行い、いつまでもシミのない若々しいお肌でいたいですね!